岩国石人形ミニ資料館(山口県岩国市)

d0251867_015736.jpg

18きっぷで一度行ってみたかった岩国へ行ってきた。
岩国駅からバスで錦帯橋へ。
周辺を普通に観光するつもりでぶらぶらしてたんだけど、気になる施設を発見。

d0251867_0111230.jpg

「岩国石人形ミニ資料館」
石人形、馬鹿石とはいったい?さっそく中へ。

d0251867_0135136.jpg

展示されている石人形の正体は小石でできた15mmほどの小さなお人形でした。
わかるかなー。
ほら、それぞれ着物を着た人たちに見えませんか?

d0251867_0132037.jpg

実は、この人形を作ったのは人ではありません。
ニンギョウトビケラという昆虫が、川底の小石や砂を集めて作った巣なのです!
錦帯橋の下を流れる錦川の川の中の石にくっついているんだそう。
岩国の石人形は、江戸末期から現在までお土産品・民芸品として親しまれてきました。

d0251867_0213082.jpg

石人形の七福神。
あっちが弁天さんで、こっちがえべっさんかな~。
見立てるのも楽しい。

d0251867_0255331.jpg

超大作!石人形の大名行列。

d0251867_023035.jpg

こちらが石人形職人のニンギョウトビケラ。
ミノムシのミノが石になったような感じですね。

d0251867_0284020.jpg

トビケラに石の代わりに金や宝石をまとわせた、フランス人アーティスト、ユベール・デュプラの作品。
アクセサリーにして身に付けたくなるキュートさ!

d0251867_092834.jpg

d0251867_0251053.jpg

館では石人形の伝説やお土産品としての石人形の歴史、石人形を使ったジオラマなどを展示しています。
長らく石人形の資料収集と研究を続けている館長さんの思いが詰まった施設です。

d0251867_03389.jpg

そうそう、石人形を題材にした文学作品なんかも展示されているんだけど、わたしが思い出したのは『帝都物語』に登場する七福神の人形石。
展示ケースの中に帝都物語も入っていてニヤニヤしました。
(ところでいま帝都物語をペラペラ読み返してみたらこれめっちゃ面白い小説ですね。自分の知識が増えるたび、こんなところにこんな人物が登場してる!このエピソードがここに入るのか!とか気づく部分が増えていく。荒俣先生の知を集約した小説だわ。)

d0251867_119191.jpg

さて、あなたの自宅には古い石人形や関連資料が眠っていたりしませんか?
現在も石人形資料館では資料収集を行っていますが、個人の力では限界があります。
古い石人形のお土産品が家に残っていた!とか関連書があった!という方はぜ石人形資料館まで知らせてみてください。

-- おまけ --

d0251867_1343166.jpg

錦帯橋のそばにあるソフトクリーム屋さん。
納豆味、ラーメン味、カレー味と珍奇なフレーバーが豊富です。
みぞれが降る冬に行ったのでわたしは遠慮しましたが、奇食好きの方どうぞ。

旅行日:2012年12月23日
[PR]
by haruka9blog | 2013-04-20 01:44 | フィールドワーク


haruka9のフィールドワーク


by haruka9

画像一覧

検索

カテゴリ

フィールドワーク
ハンディワーク
ショップ
コレクション
お知らせ・雑記

タグ

記事ランキング

最新の記事

近況のご報告
at 2015-07-09 09:54
大瀧神社・岡太神社(福井県越..
at 2014-02-13 23:38
自然の造形美展-ウサギノネド..
at 2013-09-17 23:50
大秘殿とファンタジー館(愛知..
at 2013-09-09 21:08
稲積水中鍾乳洞 -昭和タイム..
at 2013-07-18 01:10

以前の記事

2015年 07月
2014年 02月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

ブログパーツ

その他のジャンル

画像一覧