タグ:アウトサイダー ( 1 ) タグの人気記事

『極限芸術~死刑囚の表現~』鞆の津ミュージアム(広島県福山市)

d0251867_0323832.jpg

話題の絵画展を観に鞆の浦へ行ってきました。
昨年オープンした鞆の津ミュージアムでは、アール・ブリュット、アウトサイダー・アートと呼ばれる、既存美術の外側にある表現にスポットを当てています。アウトサイダーアートと言うと障害者アートのイメージも強いけど、鞆の津ミュージアムは安全圏から飛び出して、毎回かなり攻めた企画展を開催しています。

現在は、死刑が確定・執行された死刑囚の絵画展『極限芸術~死刑囚の表現~』を開催中。開催前から各所で話題と批判を集めています。(フライヤー裏には、『来るなら来い!』と書いてあった。こんなオラオラ系の美術館を他に知らない。)
限られた空間の中で死刑執行を待つ、極限状態から生まれた表現。観る人に「人はなぜ表現するのか?」という疑問を付きつけます。

中央の美術館ではなかなかこんな企画できないんじゃないかな。キュレーターの櫛野さんの情熱と行動力がすごい。これだけの規模で作品が観れる機会はありませんから、ぜひ広島まで観に行ってください。

d0251867_0324568.jpg


今回は編集者の都築響一さんのトークイベントにも参加しました。社会のアウトサイドにいる人たちを多く取材している都築さんは、何かに閉じ込められている人の表現について話します。

空間に閉じ込められた人、自分の心の中に閉じ込められた人。彼らは自分の作品を世に出したいとか注目されたいなんて思っていない。じゃあ「なぜ作るのか」というと「作らずにいられないから」です。自身や作品が注目されることを嫌がる作者もいるけど、それでもキュレーターやジャーナリストは作品を発見して公開しなくちゃいけない。(意訳)

アウトサイダーアートといえば必ず名前の挙がるヘンリー・ダーガーは、絵と小説を描き始めてから60年以上、自ら公に作品を発表することはありませんでした。身寄りのないダーガーがアパートを去り、大家でデザイナーでもあるネイサン・ラーナーが部屋を片付け始めます。そのとき初めて膨大な作品が発見され世間にも紹介されたのです。ダーガーの作品と生涯に多くの人が衝撃を受けました。

社会に新たな視点と問いを与えることは、芸術の役割の一つです。

本展を通して、「なぜ観るのか」ということも考えてみたけど、それは「自分の価値観を揺さぶる新たな視点と問い」を求めずにいられないからかもしれない。心を揺さぶられる快感を求めて、鞆の津ミュージアムへはまた何度でも訪れるつもりです。

参考サイト:アール・ブリュット 鞆の津ミュージアム
旅行日:2013年4月21日
[PR]
by haruka9blog | 2013-04-27 19:02 | フィールドワーク


haruka9のフィールドワーク


by haruka9

画像一覧

検索

カテゴリ

フィールドワーク
ハンディワーク
ショップ
コレクション
お知らせ・雑記

タグ

記事ランキング

最新の記事

近況のご報告
at 2015-07-09 09:54
大瀧神社・岡太神社(福井県越..
at 2014-02-13 23:38
自然の造形美展-ウサギノネド..
at 2013-09-17 23:50
大秘殿とファンタジー館(愛知..
at 2013-09-09 21:08
稲積水中鍾乳洞 -昭和タイム..
at 2013-07-18 01:10

以前の記事

2015年 07月
2014年 02月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

ブログパーツ

その他のジャンル

画像一覧