タグ:エロス ( 4 ) タグの人気記事

道後温泉と風俗街(愛媛県松山市)

瀬戸大橋を拝んでから坂出を出て、夕方頃に松山へ到着。
そこから路面電車に乗り、宿を取った道後温泉へ行く。

d0251867_21481033.jpg

坊っちゃん列車。

d0251867_215185.jpg

そして道後温泉!
うわーパンフレットで見たやつだ。

d0251867_21595337.jpg

道後温泉には4つの入浴プランがあった。
せっかくなので上から2つ目の霊の湯2階席へ行くことに。
一番上のプランだと個室が割り当てられる。

温泉はいくつか浴室があってサウナもあるようなところを想像していたら違った。
みんなで仲良くひとつのお風呂に入る。

d0251867_2215621.jpg

温泉街といえば風俗街が付きもの。
道後温泉の北側。道後ヘルスビル。

d0251867_22195636.jpg

翌朝の風俗街。

d0251867_22263279.jpg

今調べていたら、わたしが行った頃は看板がだいぶ規制されていたようだ。
現在のビルには「ヘルス」とか「コスプレ」といった原色の大きな文字や電光看板は見えない。
参考サイト:松山市・道後温泉と道後多幸町のソープ街 - 日本DEEP案内

d0251867_22325227.jpg

道後温泉の脇道を通って、この日最初の目的地、石手寺へ向かう。

d0251867_22335593.jpg

途中、遊郭跡っぽい木造建築をいくつか発見。

d0251867_22344453.jpg

調べてみたらここもやっぱり遊郭跡らしい。
今旅最大の目的が別にあったから、あまり調べずに先を急いでしまったけど、もっとゆっくり見ておけばよかったな。

d0251867_23104764.jpg

そういえば手元に昔の道後温泉案内パンフレットがあった。
歴代の天皇陛下が道後へ行幸されたことについて、「近くは大正天皇と畏くも今上陛下を迎へ奉れる輝く記録を…」とあるので、昭和1桁頃のものだと思われる。

注目すべきは入浴する日本髪の乙女たち!皆胸元をあらわにしている。
旅館が発行してるパンフで、文章の内容は普通(温泉の効能とか旅行にピッタリとか)なんだけど、写真の女性らがやたら色っぽい。
暗に観光以外の目的で訪れる男性らに向けて制作されたものなのか?
そう考えると、「専ら奉仕に努むる道後の旅館」とか「選抜の女仲が恰も家人の如く近侍奉仕して歓待に努むる温泉地特有の…」とかいう表現がそれっぽく聞こえてくる。
考えすぎ??

旅行日:2012年9月22日
[PR]
by haruka9blog | 2012-11-09 22:01 | フィールドワーク

星ヶ見公園(岐阜県中津川市)

d0251867_23205742.jpg


昨日は18きっぷで岐阜県中津川市に行ってきました。
中津川で何が見たかったかというと、巨石群がある星ヶ見公園です。
これにはちょっとした勘違いがあったのですがそれは後ほど。

d0251867_23185945.jpg


星ヶ見公園に向かう前にさっそく巨大な陰陽石がお出迎えしてくれましたよ。

結晶鉱物も好きですが、巨石・奇岩・磐座(イワクラ)も好きでして。
駅からひと山越えた所で、バスも通っていないという
めちゃくちゃ不便な場所にある公園ですが、巨石目指して乗り越えました。

Googleでルート検索した道を進んだら、えげつない急斜面でほんとめげそうだった。
でも坂を上がりきったところで見えた中央アルプスが、すごーく綺麗で疲れもぶっ飛んだ。

そんなこんなありながらも到着。
こちらが公園の名前にもなっている星ヶ見岩です。

d0251867_23222373.jpg


近くに寄ってもかなり大きい。

d0251867_23224939.jpg


星ヶ見岩は巨大な花崗岩が重なり合って出来た岩山。
奥には、岩の割れ目が長い時間をかけてずれてできあがった石室があります。

d0251867_2323055.jpg


石室から空を見上げたところ。
この三角形の隙間から北斗七星が見えるらしく、妙見菩薩が祀られていました。

そしてこの公園内で一番見たかったのがこちらの岩です。

d0251867_23234012.jpg


舟岩。
名前の通り舟の形をした岩です。
写真に上手く収められませんでしたが、大舟と小舟の二艘の舟岩が並んでいます。
押せばずり落ちそうなのに落ちないんですねー。

んんー???だけどわたしが期待していたフナ岩となんか違うぞ…。
疑問を抱きつつもとりあえず下山。

名物の栗きんとんをお土産に買って帰宅しました。
栗の味が濃厚でとっても美味!

さて帰宅後にググって舟岩で感じた疑問が分かった!
わたしが見たかったのは鮒岩。
漢字は違っても読みは同じ"フナイワ"な上、同じ中津川市内にある巨石だったので勘違いしたようです。
うぅ…確かに楽しんできたけどなんか悔しい…。
という訳でまたいつか、中津川リベンジします。
待ってろ鮒岩!

※星ヶ見公園で検索される方が多いので記事タイトル変更しました。


旅行日:2010年12月12日
[PR]
by haruka9blog | 2010-12-13 23:17 | フィールドワーク

古の奇景 白浜(和歌山県白浜町)

南紀白浜といえば、美しい海や温泉が人気の観光地です。
まだ観光客も多くない春に、おいしい海の幸と珍スポットを探しに行ってきました。

d0251867_2251196.jpg


白浜の海岸沿いは地学的におもしろい名勝地がたくさんあります。
こちらは三段壁。南北2kmに渡るという断崖です。
d0251867_225214.jpg


ここから身を投げる人も多いそうで。たまたま黄砂の多い日で遠くが霞んで見えますが、
それもまたこの風景に恐怖感と物悲しさを加えています。
崖はかなり端っこまで近づけるので、ヒヤっと涼しい体験ができますよ。

d0251867_2254122.jpg


三段壁から地下へ36m。
三段壁洞窟は、源平合戦で活躍した熊野水軍の隠し洞窟と言われる断層洞窟です。
入場料は高めですがおすすめ。
洞窟内で勢いよく砕け散る波は大迫力。
また、違う角度から白浜の景観をみることもできます。

d0251867_2255849.jpg


千畳敷は第3紀層の砂岩からできた大岩盤。
波風に浸食されてできた不思議な地形や美しい地層は見飽きません。

d0251867_226920.jpg


海の幸もつまみつつ、次の目的地へ。
白浜は駅や目的地までちょっと遠い場合もあるので、バスを上手く利用した方が良いです。

d0251867_2272596.jpg


ここからが楽しみにしていた白浜美術館と阪田神社です。
美術館と神社は同じ敷地内にあって、共通の入場料を払います。

白浜は温泉が有名ですが温泉地といえば…そうですね秘宝館ですね。
館内撮影禁止のため写真はありませんが、白浜美術館はヒンドゥー教や
チベット仏教の秘仏がてんこ盛りの秘宝館的内容になっています。
男神女神結合像がたくさんあって、おもしろいのは結合部が良く見えるように
ライティングしてあったり、虫眼鏡で拡大して覗きこめるようになっていたりするんです。
おかげでしっかり観察することができました。

白浜美術館の奥へ進むと阪田神社へ出ます。お察しの通りご神体は…

d0251867_228642.jpg


ちょっと分かりにくいかもしれませんが、左側に男性器、右側に女性器が彫りこまれた岩がご神体です。
女性器の穴からはお賽銭があふれそうになっていて、無駄に想像力を働かせてしまいます。

d0251867_2282194.jpg


階段を降りた先のお社の中にはいろんな形や大きさの男性器が安置してあります。
立派立派。

d0251867_228352.jpg


ちょっとふざけた見方をしてしまいますが、実はこの阪田神社は
1300年以上年前の古代祭祀跡が見つかったという歴史ある祭祀場なんです。
岩山に生命の根源を掲げ、その下で祈りをささげたのでしょうか。
いまではすっかり観光地ですが、古代では神聖な場所だったんですね。
ちなみに写真左手の狛ちゃんにはおちんちんがついているよ。

d0251867_2291645.jpg


お土産屋さんまでしっかり面白くて、性器に関するグッズや御守、絵馬などを販売しています。
販売のお姉さん方が慣れた様子で平然と商品の説明をするのがおかしかった(笑。

d0251867_2294584.jpg


出口前にはおさすりして夫婦円満の撫で石。
男性は女性器を、女性は男性器をおさすりして祈願しましょう。
わたしも未来の旦那様に早く出会えるように撫でまわしてきました。

最後に円月島の夕日を拝んで帰ります。
島の中央に開いた丸い穴に沈む夕日を見ることができるんです。

d0251867_22101023.jpg


……あれ?これってもしかして。
陰の穴に陽が入っていくなんて、もろに性信仰と繋がらないか?
阪田神社を参拝した後で、そうとしか思えない。

円月島に限らず他の特徴的な地形や豊かな海にも、この地の人は神々を見出したはず。
そういう土壌に生まれた信仰だったんだろうなぁ。しみじみ。
なんだか思いがけず原始宗教の一端にふれた気がした旅でした。

旅行日:2010年3月21日
[PR]
by haruka9blog | 2010-06-26 22:04 | フィールドワーク

延命山大聖寺大秘殿(愛知県蒲郡市)

ネットで見つけた、とある場所に行ってみたくて蒲郡にやってきました。
予想以上に濃い旅になりましたので、分けて投稿します。
蒲郡は海辺の町で、景勝地としても有名なところです。
かつて多くの文化人たちが愛した町なんだとか。

d0251867_21192027.jpg


「蒲郡なんてもうだめだよ、競艇しかない。」
なんて地元の方はおっしゃったのですが、いえいえ、蒲郡にはものすごいところがあります。
その名も「延命山大聖寺大秘殿」。
字面からなんとなくわかるとおり、秘仏寺であります。
山の上にあるこのお寺、外から入り口だけ見ても異様な雰囲気が漂いまくってます。

d0251867_21195466.jpg


入り口脇にはモダンな十二支菩薩たち。
このほかにも中国やインドネシアなどオリエンタル色の強い神仏像が並んでいます。

d0251867_2120870.jpg


このお寺がすごいのはただ秘仏を祀っているだけではありません。
「大洞窟延命十界めぐり」という怪しげな洞窟があるんです!
今回の旅は同行者がいたのですが、ここは本当に一人じゃなくて良かった!
そんな大洞窟延命十界めぐり、さっそくご覧ください。

d0251867_21205767.jpg


洞窟内はあちこちに仏像や仏壁画が安置してあります。

d0251867_2121883.jpg


しかしこんな調子で暗い洞窟が続く様子は、ありがたみよりだんだん恐怖を感じてきます…。

d0251867_21212247.jpg


ギャー!でた!!なぜか流血している像!!刺抜地蔵…らしい!地獄界などは表現が非常に生々しいです。

d0251867_2121347.jpg


菩薩像の並ぶ通路には丁寧に椅子が置かれていますが、ゆっくり長居する気には全くなれません!ここのBGMはもちろんお経です。

d0251867_21215727.jpg


キャッ!秘仏を祀っているお寺だからか、こんなセクシーな仏像もたくさんあります。バラナシ寺院とあるのでインドからやってきたようです。

d0251867_21222452.jpg


そして…性器もご神体として祀られています。なんというか、辺りににょきにょき生えてます。

d0251867_21223833.jpg


男性があれば女性も…。画像では見えませんが、こちらの「穴」にはお賽銭が詰まっています。

d0251867_21224888.jpg


こちらは48個の体位のレリーフ。一体一体が神様として安置されています。
こういう体位ものに弱い(笑)

d0251867_2123715.jpg


こんなところでもうわたしのカメラは電池切れ気味!新しいバッテリー買ったほうがいいかな…。でももうすぐ出口のようです。最後に姿を現したのはお料理の神様磐鹿六雁命(いわかむつかりのみこと)。縦10メートル、横8メートルの大画像は間近に見るので大迫力。

d0251867_21233895.jpg


ここで大洞窟は終了!洞窟を出ると本堂につながっていて、秘仏大楽乗観世音菩薩を拝することができました。チベット・ラマ教の観音様で、なんともセクシーな腰つきです。パンフレットによると日本でラマ教の仏様が祀られているのはここだけ!とのこと。いいものを見れました。脇侍の2体も女性の仏像で、女性の願いを叶えてくれるそうですよ!

d0251867_21235153.jpg


実はこの大秘殿、三谷温泉という温泉街の中にあるお寺なんです。
だからちょっと秘宝館的な要素が強かったわけですね。
本堂から出ると受付のおばちゃんが、2人で回し飲みしてくださいと土鍋くらいはある大きな茶碗にお茶を点ててくれました。
お茶とストーブであったまりながら、次の目的地へ向けてしばし休憩です。


旅行日:2010年1月10日
[PR]
by haruka9blog | 2010-02-02 21:18 | フィールドワーク


haruka9のフィールドワーク


by haruka9

画像一覧

検索

カテゴリ

フィールドワーク
ハンディワーク
ショップ
コレクション
お知らせ・雑記

タグ

記事ランキング

最新の記事

近況のご報告
at 2015-07-09 09:54
大瀧神社・岡太神社(福井県越..
at 2014-02-13 23:38
自然の造形美展-ウサギノネド..
at 2013-09-17 23:50
大秘殿とファンタジー館(愛知..
at 2013-09-09 21:08
稲積水中鍾乳洞 -昭和タイム..
at 2013-07-18 01:10

以前の記事

2015年 07月
2014年 02月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

ブログパーツ

その他のジャンル

画像一覧