タグ:城郭 ( 2 ) タグの人気記事

坂の上の雲のまち(愛媛県松山市)

d0251867_21435575.jpg

壮麗な石垣を持つ松山城。
松山といえば司馬遼太郎の小説『坂の上の雲』の舞台として有名だ。
あの長編小説読むのも大変なので、モックン主演のテレビドラマを予習として見たのだけど、普通にはまった。
広瀬武夫役の藤本隆宏さんがまじかっこいくて惚れる。

d0251867_21531376.jpg

ここが主役である秋山兄弟と正岡子規がドラマ中で写真を撮っていた場所だ。
『まことに小さな国が、開化期を迎えようとしている…』というオープニングナレーションが頭の中で再生される。
ドラマと同じポーズで撮ってみたかったけど、石垣の上は危ないから登るなとのこと。残念。

d0251867_2282757.jpg

坂の上の雲ミュージアム。
傾斜したコンクリートの壁面が特徴的な建物は安藤忠雄設計。
展示は物語に沿って当時の様子などが紹介されている。

d0251867_22123495.jpg

館内の大階段。
下から支える柱がなく、宙に浮いている。不思議。

d0251867_2216292.jpg

秋山兄弟生誕地。

d0251867_22184037.jpg

開館時間が過ぎてしまって入れなかった…。

d0251867_22192813.jpg

松山のご当地プレートは雲形でかわいい。

d0251867_22212727.jpg

最後に松山で食べたかったのが、この「もぶり飯」。
ドラマ中ではもてなしの席などでよく振舞われていた、松山のちらし寿司だ。
美味しいよ。

d0251867_22265319.jpg

もう一度温泉に浸かってから帰路につく。
1泊2日の短いようで長い四国旅はこれにて終了。
久々にのんびりじっくり旅行できて楽しかったなぁ。また行こう。

旅行日:2012年9月23日
[PR]
by haruka9blog | 2013-03-10 22:30 | フィールドワーク

城下散策(岡山県津山市)

つやま自然のふしぎ館を出て、津山城の正門階段を登ります。
津山城は森忠政によって元和2年(1616年)に完成されたお城。
戦闘の地にはならなかったものの、火災と廃城令によって建物はなくなり、
現在は石垣とお堀そして2005年に再建された備中櫓が残る城跡です。
また鶴山公園として整備された津山城跡は、
毎年数千本の桜が花を咲かせる桜の名所としても有名です。

開花には早い時期だったのが残念!
この桜が一斉に咲いたら綺麗だろうなぁ。

d0251867_21554386.jpg


そうそう、実はこの津山市、B’zのボーカリスト稲葉さんの出身地でもあるんです。
ご実家のイナバ化粧品店まで足を延ばすファンも多いそうで、
「稲葉浩志君のメモリアルロードマップ」なんてのもありました。

d0251867_21555867.jpg


ところで鶴山公園に入るときに気付いたのですが、鶴山公園・津山郷土博物館・つやま自然のふしぎ館のうち2施設以上を訪れる際は、最初にまとめて入場券を購入すると割引価格になります!ちょっと損した。

鶴山公園に入るととなぜか動物園と書いてある場所を発見!
と言っても立派になった小学校の飼育小屋、といったかんじ。
中にはクジャクやアヒルなどが飼われています。
城と動物園という組み合わせって多い気がするけど、なんでなんだろ。

d0251867_21565771.jpg


ここから櫓を目指して階段を上っていきます。
津山城で何に一番感動したかといえば、この石垣。雄々しくて壮大な要塞です。
大股で階段を登りながら頂上を見上げるたびに感嘆。
石垣だけでこんなに感動するとは思っていませんでしたが、本当にこの石垣は一見の価値大有り!

d0251867_2157155.jpg


建物こそないものの御殿も面白い造りだったらしいです。
現在再建されている櫓が御殿の入り口で、他からは入れなかったそう。
なんだかそれって秘密の部屋みたいでワクワクする!
櫓を見学した後、天守閣跡まで登って津山を一望します。
この頂上に来るまでにだいぶ良い運動になったので清々しい気分。

お城を下りて今度は城東町並み保存地区へ向かいます。
ここは自転車じゃなくて歩いて行ったほうが良かったかも。
見落としたものも多かったので、再訪の機会があればもうちょっとじっくり歩いてみたいな。
行ってみたかったのがここ、保存地区の東端のほうにある「津山洋学資料館」です。

d0251867_21574019.jpg


こちらは現在閉鎖されている旧館で、現在は西へ離れたところに
新館(2010年3月19日開館)ができています。
でもこの建物が気になって…。
もとは銀行だったというこの建物は大正9年築。
銀行建築というと石造煉瓦造でずっしりしたイメージですが、
こちらは日本の木造建築に煉瓦造の塀がミックスされていて面白いです。
辺りをぐるりと回ってそろそろ津山駅へ戻ります。

亀甲・津山は真面目に歴史的なスポットを観光しつつ
珍なところも巡れたのでバランスの良い旅になになったかな。
旅に出るときはある程度の情報は仕入れますが、
実際に現地へ行ってみると思いがけない出会いや発見があって面白いです。
「つやま自然のふしぎ館」と「津山城跡」では特にそんなことを感じました。

旅行日:2010年3月17日
[PR]
by haruka9blog | 2010-03-29 21:54 | フィールドワーク


haruka9のフィールドワーク


by haruka9

画像一覧

検索

カテゴリ

フィールドワーク
ハンディワーク
ショップ
コレクション
お知らせ・雑記

タグ

記事ランキング

最新の記事

近況のご報告
at 2015-07-09 09:54
大瀧神社・岡太神社(福井県越..
at 2014-02-13 23:38
自然の造形美展-ウサギノネド..
at 2013-09-17 23:50
大秘殿とファンタジー館(愛知..
at 2013-09-09 21:08
稲積水中鍾乳洞 -昭和タイム..
at 2013-07-18 01:10

以前の記事

2015年 07月
2014年 02月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

ブログパーツ

その他のジャンル

画像一覧