タグ:生き物 ( 3 ) タグの人気記事

岩国石人形ミニ資料館(山口県岩国市)

d0251867_015736.jpg

18きっぷで一度行ってみたかった岩国へ行ってきた。
岩国駅からバスで錦帯橋へ。
周辺を普通に観光するつもりでぶらぶらしてたんだけど、気になる施設を発見。

d0251867_0111230.jpg

「岩国石人形ミニ資料館」
石人形、馬鹿石とはいったい?さっそく中へ。

d0251867_0135136.jpg

展示されている石人形の正体は小石でできた15mmほどの小さなお人形でした。
わかるかなー。
ほら、それぞれ着物を着た人たちに見えませんか?

d0251867_0132037.jpg

実は、この人形を作ったのは人ではありません。
ニンギョウトビケラという昆虫が、川底の小石や砂を集めて作った巣なのです!
錦帯橋の下を流れる錦川の川の中の石にくっついているんだそう。
岩国の石人形は、江戸末期から現在までお土産品・民芸品として親しまれてきました。

d0251867_0213082.jpg

石人形の七福神。
あっちが弁天さんで、こっちがえべっさんかな~。
見立てるのも楽しい。

d0251867_0255331.jpg

超大作!石人形の大名行列。

d0251867_023035.jpg

こちらが石人形職人のニンギョウトビケラ。
ミノムシのミノが石になったような感じですね。

d0251867_0284020.jpg

トビケラに石の代わりに金や宝石をまとわせた、フランス人アーティスト、ユベール・デュプラの作品。
アクセサリーにして身に付けたくなるキュートさ!

d0251867_092834.jpg

d0251867_0251053.jpg

館では石人形の伝説やお土産品としての石人形の歴史、石人形を使ったジオラマなどを展示しています。
長らく石人形の資料収集と研究を続けている館長さんの思いが詰まった施設です。

d0251867_03389.jpg

そうそう、石人形を題材にした文学作品なんかも展示されているんだけど、わたしが思い出したのは『帝都物語』に登場する七福神の人形石。
展示ケースの中に帝都物語も入っていてニヤニヤしました。
(ところでいま帝都物語をペラペラ読み返してみたらこれめっちゃ面白い小説ですね。自分の知識が増えるたび、こんなところにこんな人物が登場してる!このエピソードがここに入るのか!とか気づく部分が増えていく。荒俣先生の知を集約した小説だわ。)

d0251867_119191.jpg

さて、あなたの自宅には古い石人形や関連資料が眠っていたりしませんか?
現在も石人形資料館では資料収集を行っていますが、個人の力では限界があります。
古い石人形のお土産品が家に残っていた!とか関連書があった!という方はぜ石人形資料館まで知らせてみてください。

-- おまけ --

d0251867_1343166.jpg

錦帯橋のそばにあるソフトクリーム屋さん。
納豆味、ラーメン味、カレー味と珍奇なフレーバーが豊富です。
みぞれが降る冬に行ったのでわたしは遠慮しましたが、奇食好きの方どうぞ。

旅行日:2012年12月23日
[PR]
by haruka9blog | 2013-04-20 01:44 | フィールドワーク

大和郡山の旅 -金魚篇-(奈良県大和郡山市)

遊郭篇に引き続き、大和郡山の話。

大和郡山を地図で見てみると…



水色の四角がたくさんありますね。
さて、これは一体何でしょう?

d0251867_2364062.jpg


正体はこちら。金魚の養殖場です。
この辺は見渡す限り養殖用の池でいっぱい。

大和郡山は金魚の産地として有名な町。
もとは江戸時代に盛んだった武士の副業です。
毎年、全国金魚すくい選手権大会も行われている。
当然ながら、町の中には金魚モチーフのものがたくさん。

d0251867_23273173.jpg


養殖池の間をすり抜けるようにして目的地へ。
池をつなぐ水路には逃げ出した金魚が結構いて、
ご近所さんと思われる親子連れが網を持ってすくってた。
ここだったら金魚すくい放題だねー。

さて今度はやまと錦魚園さんが運営している郡山金魚資料館に到着。
祭りの時期が目前だからか、お店の人は忙しそうだったのでひとりで見て回ることに。

d0251867_2392624.jpg


外の広い池は、金魚すくいなんかでよく見る小赤が養殖されていて、
高級な種類の子らは柵のかかった池でちゃんと管理されている。

日よけのついたプールで泳ぐこの子たちは多分1匹数百円~千円くらいかな。

d0251867_2395815.jpg


d0251867_2394243.jpg


資料館として金魚にまつわるものの展示もある。

d0251867_23112190.jpg


d0251867_2311025.jpg


昔の金魚の飼い方読本とか、金魚のホルマリン漬けとか、ブリキの金魚とか。。
なんでタカがいるのかは…わからない。
さらにこんなものまであった。

d0251867_23124433.jpg


「金魚観賞魚籃観音像」という名のコンクリ仏。
金魚をはじめ、愛玩用小動物慰霊のため、とのこと。
両脇に侍しているのは狛犬ならぬ狛金魚か。

うちは父が犬猫だめだったので、子どもの頃に小赤なんかよく飼っていました。
わたしの世話不足で彼らはすぐに死んでしまったこともあり、
ここでありがとうとごめんねを言って帰ります。

ここでタイムアップ。
近くにいたおっちゃんに駅までの道を教えてもらう。
言われた通り細い小道を歩いていたら、すぐにもといた遊郭跡まで着いてしまった。

そういえば遊女は、鉢の中で大きな尾びれを振りながら泳ぐ金魚によく例えられる。
郡山の遊女たちも金魚を飼って自分の境涯と重ね合わせることが
あったりなかったりしたかもしれない。


訪問日:2011年6月26日
[PR]
by haruka9blog | 2011-07-24 23:25 | フィールドワーク

城下散策(岡山県津山市)

つやま自然のふしぎ館を出て、津山城の正門階段を登ります。
津山城は森忠政によって元和2年(1616年)に完成されたお城。
戦闘の地にはならなかったものの、火災と廃城令によって建物はなくなり、
現在は石垣とお堀そして2005年に再建された備中櫓が残る城跡です。
また鶴山公園として整備された津山城跡は、
毎年数千本の桜が花を咲かせる桜の名所としても有名です。

開花には早い時期だったのが残念!
この桜が一斉に咲いたら綺麗だろうなぁ。

d0251867_21554386.jpg


そうそう、実はこの津山市、B’zのボーカリスト稲葉さんの出身地でもあるんです。
ご実家のイナバ化粧品店まで足を延ばすファンも多いそうで、
「稲葉浩志君のメモリアルロードマップ」なんてのもありました。

d0251867_21555867.jpg


ところで鶴山公園に入るときに気付いたのですが、鶴山公園・津山郷土博物館・つやま自然のふしぎ館のうち2施設以上を訪れる際は、最初にまとめて入場券を購入すると割引価格になります!ちょっと損した。

鶴山公園に入るととなぜか動物園と書いてある場所を発見!
と言っても立派になった小学校の飼育小屋、といったかんじ。
中にはクジャクやアヒルなどが飼われています。
城と動物園という組み合わせって多い気がするけど、なんでなんだろ。

d0251867_21565771.jpg


ここから櫓を目指して階段を上っていきます。
津山城で何に一番感動したかといえば、この石垣。雄々しくて壮大な要塞です。
大股で階段を登りながら頂上を見上げるたびに感嘆。
石垣だけでこんなに感動するとは思っていませんでしたが、本当にこの石垣は一見の価値大有り!

d0251867_2157155.jpg


建物こそないものの御殿も面白い造りだったらしいです。
現在再建されている櫓が御殿の入り口で、他からは入れなかったそう。
なんだかそれって秘密の部屋みたいでワクワクする!
櫓を見学した後、天守閣跡まで登って津山を一望します。
この頂上に来るまでにだいぶ良い運動になったので清々しい気分。

お城を下りて今度は城東町並み保存地区へ向かいます。
ここは自転車じゃなくて歩いて行ったほうが良かったかも。
見落としたものも多かったので、再訪の機会があればもうちょっとじっくり歩いてみたいな。
行ってみたかったのがここ、保存地区の東端のほうにある「津山洋学資料館」です。

d0251867_21574019.jpg


こちらは現在閉鎖されている旧館で、現在は西へ離れたところに
新館(2010年3月19日開館)ができています。
でもこの建物が気になって…。
もとは銀行だったというこの建物は大正9年築。
銀行建築というと石造煉瓦造でずっしりしたイメージですが、
こちらは日本の木造建築に煉瓦造の塀がミックスされていて面白いです。
辺りをぐるりと回ってそろそろ津山駅へ戻ります。

亀甲・津山は真面目に歴史的なスポットを観光しつつ
珍なところも巡れたのでバランスの良い旅になになったかな。
旅に出るときはある程度の情報は仕入れますが、
実際に現地へ行ってみると思いがけない出会いや発見があって面白いです。
「つやま自然のふしぎ館」と「津山城跡」では特にそんなことを感じました。

旅行日:2010年3月17日
[PR]
by haruka9blog | 2010-03-29 21:54 | フィールドワーク


haruka9のフィールドワーク


by haruka9

画像一覧

検索

カテゴリ

フィールドワーク
ハンディワーク
ショップ
コレクション
お知らせ・雑記

タグ

記事ランキング

最新の記事

近況のご報告
at 2015-07-09 09:54
大瀧神社・岡太神社(福井県越..
at 2014-02-13 23:38
自然の造形美展-ウサギノネド..
at 2013-09-17 23:50
大秘殿とファンタジー館(愛知..
at 2013-09-09 21:08
稲積水中鍾乳洞 -昭和タイム..
at 2013-07-18 01:10

以前の記事

2015年 07月
2014年 02月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

ブログパーツ

その他のジャンル

画像一覧