タグ:観光 ( 10 ) タグの人気記事

大秘殿とファンタジー館(愛知県蒲郡市)

蒲郡を再訪してきた。
初めて行ったときと同じように興奮したので忘れないうちにポストしておこう。

d0251867_2044334.jpg

温泉旅館が並ぶ蒲郡・三谷温泉にある大秘殿。
見るからに怪しいこちらのお寺では人工洞窟に入って十界めぐりの旅ができる。
以前も記事書いてる(延命山大聖寺大秘殿(愛知県蒲郡市))のでよかったらどうぞ。
初めて行ったときは暗いし狭いし超怖かったけど、今回は先に何があるかわかってるから一人でも大丈夫でした。
今回は動画撮ってみたよ。



この奇妙な建物はもともと愛知県初のプラネタリウムだったそう。
ところが観光でにぎわっていた当時、周りのキャバレーやストリップ劇場のほうに人気が集中したそうで昭和59年(1984年)に閉館。
そこに延命山大聖寺大秘殿が入ったという。
なるほどプラネタリウムのドームは頭に相輪をつければまんまストゥーパになりますしね。
しかも十界めぐりの最後は天界を表現してるわけだし、驚くほどプラネタリウムとお寺の親和性は高いのかも。ワオ。アメージング。

蒲郡には景勝地の竹島や天然温泉があって、それにくっつくように水族館や蒲郡ファンタジー館(閉館)、大秘殿、恋人の丘… とちょっと古びた観光スポットが固まってる。
これらはなんなんだろーと思ってたら昭和30年代のレジャーブームの残滓みたい。
街中をみてもそれくらいに建てられたであろう建物がちらほら。
かつては蒲郡弘法山観光ロープウェイがあって、現在の恋人の丘~大秘殿を結んでいた。大秘殿のあった場所は小さな遊園地で、プラネタリウムは遊園地の中にある施設だったようだ。なるほど。

帰りに受付のお母さんが缶ジュースをくれた。前回は帰りにお茶をいただいたのでそういうシステムらしい。
エロチックなものが多いですね、と言ったら、「そうじゃないのよ、全部チベットとかインドとか各地の仏様なの。」との回答。
その通りだけど、どう考えても意識してないわけないよな。

d0251867_20473578.jpg

3年前に閉館した蒲郡ファンタジー館はいい具合の廃墟になりかけてた。
館内の様子はこちらの記事で書いてます。(蒲郡ファンタジー館(愛知県蒲郡市))よかったらどうぞ。

d0251867_20475417.jpg

d0251867_2048081.jpg

d0251867_2048455.jpg

d0251867_20505585.jpg

外からお土産売り場やレストランを見て回ると、什器や商品がそのまま放置されてるし、たぶんファンタジー館の中もそのままっぽい。もったいないわー。
あ、でもよく見たら臨時休業とあるし、再開する可能性もゼロではなかったりして…。


旅行日:2013年9月8日
[PR]
by haruka9blog | 2013-09-09 21:08 | フィールドワーク

京都夜桜見物(京都府京都市)

d0251867_22383964.jpg

せっかくの桜シーズンですからね。ちょっと夜桜を見に行ってきました。

d0251867_23102100.jpg

平野神社は、桜の神社として有名です。

d0251867_22494943.jpg

門としだれ桜。

d0251867_22414040.jpg

桜苑。

d0251867_2253134.jpg

南門。

d0251867_2240131.jpg

空を覆う桜の屋根。

d0251867_22541877.jpg

夜桜を愛でつつ宴会もいいねー。
京都でお花見といえば円山公園も有名ですが、わたしは平野神社のが好きかな。

d0251867_22554224.jpg

こっちはたまたま通りがかって足を止めた、水火天満宮。

d0251867_2258052.jpg

ライトアップが綺麗ー。

d0251867_22582083.jpg

やっぱり京都は桜の春と紅葉の秋がベストシーズンですな。
見ごろのうちにおいでやす~。

旅行日:2013年3月30日、2013年4月1日
[PR]
by haruka9blog | 2013-04-02 23:14 | フィールドワーク

坂の上の雲のまち(愛媛県松山市)

d0251867_21435575.jpg

壮麗な石垣を持つ松山城。
松山といえば司馬遼太郎の小説『坂の上の雲』の舞台として有名だ。
あの長編小説読むのも大変なので、モックン主演のテレビドラマを予習として見たのだけど、普通にはまった。
広瀬武夫役の藤本隆宏さんがまじかっこいくて惚れる。

d0251867_21531376.jpg

ここが主役である秋山兄弟と正岡子規がドラマ中で写真を撮っていた場所だ。
『まことに小さな国が、開化期を迎えようとしている…』というオープニングナレーションが頭の中で再生される。
ドラマと同じポーズで撮ってみたかったけど、石垣の上は危ないから登るなとのこと。残念。

d0251867_2282757.jpg

坂の上の雲ミュージアム。
傾斜したコンクリートの壁面が特徴的な建物は安藤忠雄設計。
展示は物語に沿って当時の様子などが紹介されている。

d0251867_22123495.jpg

館内の大階段。
下から支える柱がなく、宙に浮いている。不思議。

d0251867_2216292.jpg

秋山兄弟生誕地。

d0251867_22184037.jpg

開館時間が過ぎてしまって入れなかった…。

d0251867_22192813.jpg

松山のご当地プレートは雲形でかわいい。

d0251867_22212727.jpg

最後に松山で食べたかったのが、この「もぶり飯」。
ドラマ中ではもてなしの席などでよく振舞われていた、松山のちらし寿司だ。
美味しいよ。

d0251867_22265319.jpg

もう一度温泉に浸かってから帰路につく。
1泊2日の短いようで長い四国旅はこれにて終了。
久々にのんびりじっくり旅行できて楽しかったなぁ。また行こう。

旅行日:2012年9月23日
[PR]
by haruka9blog | 2013-03-10 22:30 | フィールドワーク

石手寺 その2(愛媛県松山市)

d0251867_2229556.jpg

いよいよ洞窟内に入る。

d0251867_22293536.jpg

うおおお!
やばい!くらい!

d0251867_2230088.jpg

くらい!こわい!

1分ほどで近くの出口に脱出…。
いやほんとはダメなんだよ、ひとりで暗い場所歩くの。
ちょっとクールダウンしよう。

d0251867_22342727.jpg

周囲をぶらぶらしながら見つけたのは、観音とこれは…イエス??のコンクリ仏。
観音像のほうは劣化が激しくてかわいそう。

d0251867_22421451.jpg

もう一度洞窟に挑戦。
今度は先に人が入ったことを確認して後ろからついていった。(チキン)
洞窟内では仏界を表現した仏像、装飾が見られる。

d0251867_22443826.jpg

出口が見えたぞ!

d0251867_22535015.jpg

洞窟を出ると閻魔様がお出迎え。
さらに奥へと進む。

d0251867_22544557.jpg

ここにも劣化の激しいコンクリ仏が。
きれいに作ってあっただろうに悲しい。
保存の難しさを感じるね。

d0251867_2259308.jpg

ようやく Golden Mandara が姿を現した。
巨大な宝珠形のお堂だ。

d0251867_23366.jpg

中に入るよ。

d0251867_2364236.jpg

天窓から堂内に光が注がれている。

d0251867_2374023.jpg

参拝者の周りをぐるりと取り囲むのは見覚えのある木彫仏。

なるほど、これが立体曼荼羅ってことのようだ。
仏様たちは大きさ顔かたちもそれぞれまったく違っていて面白い。
ゆっくりと拝観してから外へ出る。

d0251867_23204830.jpg

こちらはきれいに彩色されたコンクリ仏。
ちょっと困ったような表情が味わい深い。

d0251867_2319285.jpg

近くの幼稚園の壁画もイカしてる。

周辺にはほかにも不思議造形物がたくさんあって楽しませてもらった。
今も製作中っていうのがいいよな。
訪れるたびに新作が見られそう。
同時に旧作の保護、保存も少し考えてほしいところだ。


旅行日:2012年9月23日
[PR]
by haruka9blog | 2013-03-01 22:44 | フィールドワーク

石手寺 その1(愛媛県松山市)

d0251867_22351155.jpg

道後温泉から徒歩約20分。
四国八十八ヶ所のうちのひとつ、石手寺に到着。
寺名には弘法大師にまつわる不思議な伝説が由来している。

d0251867_2361233.jpg


領主河野家に生まれた男の子が左手を握ったまま開かない。
このお寺で願をかけたところ、開いた手から小石がころり。
その石には弘法大師筆の「衛門三郎(←四国遍路の元祖)再来」の字があったという。

この伝説の玉の石は石手寺の宝物館におさめられていて、なんと実際に見られるのだ!(↑の写真ね)
恭しく厨子に納められたその石はきれいな球形だった。

d0251867_0115284.jpg

お遍路さん。
当たり前だけどたくさんいた。

d0251867_0112440.jpg

山門。

寺名の由来も不思議な伝説だが、このお寺にはほかにも不思議なものがたくさんある。

d0251867_0163389.jpg

入口で参拝者を迎えるコンクリ天女。

d0251867_0164618.jpg

鯛に乗るえべっさん。

d0251867_0193095.jpg

お砂撫で。
八十八ヶ所の境内の砂が入った袋を撫でてゆくと、八十八ヶ所巡ったのと同じご利益があるという。
合理化や効率化をを求める現代人にはありがたいスポット。

d0251867_0425384.jpg

変わったタッチの観音図。
この作家の作品は境内随所で見られる。

d0251867_047586.jpg

味のある木彫仏。

d0251867_0474675.jpg

鋭意制作中!

d0251867_0493649.jpg

異国風の一角。
ここでは仏伝レリーフで釈迦の一生をたどれる。

d0251867_055391.jpg

本場インドで制作されてるのか?
完成度高い。

境内全体に現在も制作中と思われる仏画や仏像が多い。
これからも不思議な造形物が増えていくようだ。

d0251867_121024.jpg

さて、ここからさらなる不思議パワースポット「Golden Mandala」を目指す。

d0251867_152111.jpg

「Golden Mandala」へ行くにはこの洞窟を抜けなければならない。
洞窟の先で見た光り輝く黄金の曼荼羅とは?!
続く。


-- おまけ --

d0251867_113722.jpg

道後温泉から石手寺へ行く途中に、謎の巨大だるまがいる。
特に説明もなく人もいなかったので謎のまま。

旅行日:2012年9月23日
[PR]
by haruka9blog | 2013-02-26 23:14 | フィールドワーク

道後温泉と風俗街(愛媛県松山市)

瀬戸大橋を拝んでから坂出を出て、夕方頃に松山へ到着。
そこから路面電車に乗り、宿を取った道後温泉へ行く。

d0251867_21481033.jpg

坊っちゃん列車。

d0251867_215185.jpg

そして道後温泉!
うわーパンフレットで見たやつだ。

d0251867_21595337.jpg

道後温泉には4つの入浴プランがあった。
せっかくなので上から2つ目の霊の湯2階席へ行くことに。
一番上のプランだと個室が割り当てられる。

温泉はいくつか浴室があってサウナもあるようなところを想像していたら違った。
みんなで仲良くひとつのお風呂に入る。

d0251867_2215621.jpg

温泉街といえば風俗街が付きもの。
道後温泉の北側。道後ヘルスビル。

d0251867_22195636.jpg

翌朝の風俗街。

d0251867_22263279.jpg

今調べていたら、わたしが行った頃は看板がだいぶ規制されていたようだ。
現在のビルには「ヘルス」とか「コスプレ」といった原色の大きな文字や電光看板は見えない。
参考サイト:松山市・道後温泉と道後多幸町のソープ街 - 日本DEEP案内

d0251867_22325227.jpg

道後温泉の脇道を通って、この日最初の目的地、石手寺へ向かう。

d0251867_22335593.jpg

途中、遊郭跡っぽい木造建築をいくつか発見。

d0251867_22344453.jpg

調べてみたらここもやっぱり遊郭跡らしい。
今旅最大の目的が別にあったから、あまり調べずに先を急いでしまったけど、もっとゆっくり見ておけばよかったな。

d0251867_23104764.jpg

そういえば手元に昔の道後温泉案内パンフレットがあった。
歴代の天皇陛下が道後へ行幸されたことについて、「近くは大正天皇と畏くも今上陛下を迎へ奉れる輝く記録を…」とあるので、昭和1桁頃のものだと思われる。

注目すべきは入浴する日本髪の乙女たち!皆胸元をあらわにしている。
旅館が発行してるパンフで、文章の内容は普通(温泉の効能とか旅行にピッタリとか)なんだけど、写真の女性らがやたら色っぽい。
暗に観光以外の目的で訪れる男性らに向けて制作されたものなのか?
そう考えると、「専ら奉仕に努むる道後の旅館」とか「選抜の女仲が恰も家人の如く近侍奉仕して歓待に努むる温泉地特有の…」とかいう表現がそれっぽく聞こえてくる。
考えすぎ??

旅行日:2012年9月22日
[PR]
by haruka9blog | 2012-11-09 22:01 | フィールドワーク

あれもこれも六角形!六角堂(京都府京都市)

d0251867_2204510.jpg


だいぶ間が空きました;
18きっぷネタも溜まっていますが、先に季節も過ぎた桜の写真をば。
訪れたのは京都は四条烏丸と烏丸御池の間にある六角堂。
こういういつでも行けそうなところほど、普段なかなか行かないものです。
今回はしだれ桜が満開だということでのぞきに行ってみました。

d0251867_221436.jpg


綺麗に広がる枝が見事。手前にいるのは十六羅漢像なのですが、かわいらしいお地蔵さんみたいです。

六角堂という名前が付いているだけに六角堂は本当に六角形です。
境内では他にもいろんな六角形を見つけましたよー。京都の中心といわれる「へそ石」も六角形。

d0251867_2212144.jpg


まさかここまで計算?!桜の花も六角形!

d0251867_2213074.jpg


しだれ桜の支え木も六角形に組んであったのでした。すごい凝り様。
六角堂のお隣は池坊の建物になっています。一般でも入れたので、上の階まで上がってみました。
上からみた六角堂。

d0251867_2214171.jpg


オー確かに六角形。そして池坊の中でも六角形探し!

d0251867_2215056.jpg


最後に自分用のお土産を物色。
鳩みくじはちょこんと木に止まったような姿がかわいらしいおみくじです。
隣にいる赤いダルマのようなやつは酉の土鈴。
かわいくて買おうとしたら、見本と箱の中が違うものだったんです。
でもどうしても欲しかったので見本を売ってくださいとお願いしたところ、半値で売っていただけました!
わーい!
お香を焚いてるところにずっと置いていたので黒ずんでますけど…
と言われましたが、そちらのほうが御利益もありそう。

d0251867_222224.jpg


鳩みくじを売っているだけあってか、六角堂の境内には鳩がたくさんいます。
ここの鳩たちはえらい肥えてるし人慣れしてるしでびっくりしました。
鳩豆を売っているのでよく食べさせてもらってるんでしょうね。
何も持ってなくてもエサよこせーと近寄ってきます。
このあと図々しくも膝の上にまで乗ってきました(笑)。

d0251867_222425.jpg


オフィス街の中にある京都らしいまったりとした空間。癒された!

旅行日:2010年3月31日
[PR]
by haruka9blog | 2010-05-03 22:00 | フィールドワーク

春の訪れ 北野天満宮(京都府京都市)

先日は早朝から北野天満宮にいってきました。
お目当ては見頃を迎えた梅です。
辺りは梅の柔らかい香りが漂っています。

d0251867_214378.jpg


受験シーズンの今、休日ともなると本殿は参拝客で長蛇の列ができますが、
平日の早朝は人も少なくて穏やかです。
ゆっくり写真を撮ったり梅香を楽しむことができました。

d0251867_21432557.jpg


天満宮には天神様の神使、牛の像があります。
撫で牛と言って、身体の治したい箇所を撫でてから撫で牛の同じ箇所を撫でるとご利益があるそうですよ。
参拝者にツヤツヤに磨かれた撫で牛は撫で心地が良くて、
全体的に撫でまわしてきました(笑)。
石の模様もすごくきれいです。

d0251867_21434282.jpg


梅花を楽しんだ後は北野天満宮前のとようけ茶屋でとようけ丼をいただきました。
とようけ茶屋では明治三十年創業とようけ屋山本さんのお豆腐料理が安価で楽しめます。
これまたよく長蛇の列ができるお店ですが、待つ価値ありですよ~。
とてもおいしかったので、自宅でも再現できないか挑戦中…。

d0251867_2143598.jpg



旅行日:2010年2月28日/2010年3月3日
[PR]
by haruka9blog | 2010-03-04 21:42 | フィールドワーク

竹島(愛知県蒲郡市)

旅も終盤。
ファンタジー館から浜沿いを歩いて、蒲郡一の景勝地、竹島へ向かいます。
潮干狩りでも人気のある三河湾に面しているので、浜には貝殻がたくさん打ち上げられています

夕暮れの竹島が見えてきました。
こうして見ると、故郷宮崎県の青島のようです。
どちらも島自体が天然記念物で、古来より神聖な場所として祀られています。
それから青島も竹島も干潮時には岸から島まで歩いていけるんですよ。
人力の及ばない自然の妙に昔の人は畏怖の念を感じたのでしょうね~。

d0251867_21402086.jpg


竹島の回りは30分ほどで一周できる遊歩道になっています。
美しい夕日を拝んで、今回の旅は終わりです。

d0251867_21403224.jpg


蒲郡、とっても楽しかったです。昔は華やかな場所だったのでしょう、
今は寂びれた感もありますが、その辺も含めてマニアにはたまらない観光地ができあがっています。
管理や費用の問題上、こういったスポットが次々閉鎖されていくのはわたしひとりでどうにかできる問題ではありませんが、行ける場所は積極的に巡って少しでも貢献したいものです。

蒲郡編は全記事書くのに一ヶ月もかかってしまいました!
もう春の18きっぷの季節ですね。
書き切れなかった冬の旅についてはまた後日投稿するとして、
春の旅について書いていきたいと思います。お楽しみに~。

旅行日:2010年1月10日
[PR]
by haruka9blog | 2010-03-03 21:39 | フィールドワーク

弘法山金剛寺(愛知県蒲郡市)

大秘殿に続いて向かうのは、駅を降りてからずっと気になっていたこちら。

d0251867_2126309.jpg


巨大な弘法大師像がある「弘法山金剛寺」へ向かいます。
どこに居ても見えるので、弘法さんが町を見守っているような感じですね。
弘法さんに近づくべく、大秘殿と道路を挟んで反対側の山へ登って行きます。
近づいてくると、いやほんとに大きい!!
見えにくいかもしれませんが、前に立つ人と比較してみてください。

d0251867_21264552.jpg


顔、怖!と思ってしまったのですが、地元の方曰く、「優しい目をしてらっしゃる」そう…。
地元の方に愛されている弘法さんなんですね!
こちらは弘法さんですが、そういうお話を聞くと大仏や大観音に見守られる町もいいものだなぁ、と思いました。

d0251867_21272554.jpg


近くに「ラバーズヒル(恋人達の丘)」という、鐘台とハートの南京錠を掛ける柵があるデートスポットもありました。今回は先を優先して行きませんでしたが、この記事を書くにあたりいろいろ検索してみたら、そこが昔はロープウェーの駅だったみたいです。

さてさて本堂へ向かいます。
本堂へ続く階段を上がると、どこからかシャラシャラと異国の鈴の音が…。
何かと思ったら、本堂横にチベット仏教風の塔が!

d0251867_21273591.jpg


マニ車なんかはあってもこんな塔まであるところってそうないですよね?
しかもこの横にはまだ建設中のマニ塔もありました。
異国風情のある装飾がおもしろいです。

d0251867_2128126.jpg


ここから山を下りていったん駅へ。
一駅移動して次の目的地へ向かいます。

の前に、ちょっと時間があったので竹島水族館へ行ってきました。
残り少ないカメラの電池をとっておきたかったので写真はありませんが、
なぜか懐かしく感じるような水族館でした。
近隣エリアからの家族連れが多くて、小さいながらもにぎわっています。
ショーが終わってもサービス精神旺盛なアシカさんや、
いろんな場所に掲示してある飼育員さんの豆知識など、動物もスタッフさんも温かくて楽しかったですよ~。


旅行日:2010年1月10日
[PR]
by haruka9blog | 2010-02-09 21:26 | フィールドワーク


haruka9のフィールドワーク


by haruka9

画像一覧

検索

カテゴリ

フィールドワーク
ハンディワーク
ショップ
コレクション
お知らせ・雑記

タグ

記事ランキング

最新の記事

近況のご報告
at 2015-07-09 09:54
大瀧神社・岡太神社(福井県越..
at 2014-02-13 23:38
自然の造形美展-ウサギノネド..
at 2013-09-17 23:50
大秘殿とファンタジー館(愛知..
at 2013-09-09 21:08
稲積水中鍾乳洞 -昭和タイム..
at 2013-07-18 01:10

以前の記事

2015年 07月
2014年 02月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

ブログパーツ

その他のジャンル

画像一覧